起業・事業承継・事業再生・株式上場などのご相談は、吉永公認会計士・税理士事務所(大阪市)にお任せください。
ホーム事務所概要顧問サービス得意な分野 お客様の声
「今日のワンポイント」
2017/11/27
起業、会社設立・・経理システムをつくる

事業をおこなうにあたって、大事なのが経理であります。
経理がずさんでは、事業の効率化をはかることができません。
また、税務申告もきちんと行うことができません。 

個人事業の場合は、法人と違って、決算書を必ず作成しなければいけないことはありません。
しかし、自分の事業がいくら儲かっているか、あるいはいくら損しているかを把握しなければ、事業の方向性を定めることはできません。
決算書の目的は、会計期間(通常は1年)の財政状態と経営成績を明らかにすることで、経理はそれを導き出すために行なう作業といえます。
また、決算書は、所得税などの申告書を作成するときの基礎資料であり、重要な意義
があります。
経理は、まず、現金及び預金の入出金を出納帳に記録することからはじまります。
さらに、売上帳、仕入帳、経費帳など収入や必要経費に関する帳簿を整え、日々のお金の動きを記録しています。

しかしながら、これらの帳簿だけでは不十分です。
なぜなら、売掛金、買掛金、在庫などの資産や負債の状況がわからないからです。
そこで、「経理システム」を作るときは、損益だけでなく、資産や負債、事業に投入した資本金(個人事業ではも元入金)の状況を把握できるように考えていかなければなりません。 

皆様いかがでしょうか。疑問点、具体的にどのようになるか等、ご質問、ご相談については当事務所までお気軽にお問い合わせください。

HOME事務所概要顧問サービス得意な分野お客様の声
今日のワンポイントサイトマップ 法務・労務等リンク集会計・税務等リンク集お問い合わせ