吉永公認会計士・税理士事務所
大阪市北区豊崎3丁目6-8 TOビル304号

今日のワンポイント
One Point

HOME > 今日のワンポイント > 事業承継・・・後継者の経営が機能不全になる原因と対策


トピックス


トピックス

事業承継・・・後継者の経営が機能不全になる原因と対策

2019年3月14日

後継者に事業承継を行ったが、後継者による経営が機能不全に陥ってしまうこともあります。
原因は。後継者が下記のようなことのいずれかに該当するのが一般的です。
①経営について学んでいない。教えられていない  
②人間関係が苦手
③実力不十分で現場からダメ出し
④管理体制がなく、現状と課題がわからない
⑤経営に専念できない諸事象がある。
⑥先代社長への遠慮
⑦財務問題や会計に対するノウハウを学んでいない、重要性を認識していない

そのためには、下記のような対策が有効であるといえるでしょう
①後継者を教育し、満を持してから現場に投入する。
②先代経営者が定期的に会社に来れるような環境整備
③先代経営者の社内に残る影響力を適切に活用し、仙台経営者は徐々にフェードアウトしていく
④後継者の経営に対するサポートを通じたノウハウの伝授
後継者に直接指導できるのは、先代経営者のみであるというのがほとんどであります。
先代社長は、積極的に後継者を指導し、サポートする体制が望まれます。

皆様、いかがでしょうか。疑問点、具体的にどのようになるか等のご質問については、お気軽に当事務所までお問い合わせください。