起業・事業承継・事業再生・株式上場などのご相談は、吉永公認会計士・税理士事務所(大阪市)にお任せください。
ホーム事務所概要顧問サービス得意な分野 お客様の声
「今日のワンポイント」
2017/11/16
資金調達‥事業性評価するためのローカルベンチマーク

「ローカルベンチマーク」(通称:ロカベン)は、企業の経営状態の把握を行うツールとして、企業の経営者等や金融機関・支援機関が企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、事業性評価の入り口として活用されることが期待されるものです。
経済産業省のウエブサイトにアクセスして利用することができます。

具体的には、「参考ツール」を目指して、「財務情報」(6つの指標)と「非財務情報」(4つの視点)に関する各データを入力することにより、企業の経営状態を把握することで経営状態の変化に早めに気づき、早期の対策や支援につなげていくものです。

財務情報の6つの視点とは、①売上増加率(売上持続性)、②営業利益率(収益性)、③労働生産性(生産性)、④EBITDA有利子負債比率(健全性)、⑤営業運転資本回転期間(効率性)、⑥自己資本比率(安全性)が算出されます。
非財務情報の4つの視点とは、①経営者への着目、②関係者への着目、③事業への着目、④内部管理体制への着目に基づいて具体的内容を記載するものであります。

ローカルベンチマークにおいては、非財務情報が特に重要です。
自社の知的資産に気づき、取引先と金融機関とが認識を共有し、これを活かしていく、改善していくことは、取引先の未来を考えていくためのプロジェクトといえます。
金融機関担当者は、なれていなく、多くの担当先があることから、金融機関のみでは限界があるでしょう。
これを支援する機関として、会計及び経営に強い専門家の支援が不可欠になっていくでしょう。

皆様、いかがでしょうか。疑問点、具体的にどのようになるか等のご質問については、当事務所までお気軽にお問い合わせください。
ご相談させていただきます。

HOME事務所概要顧問サービス得意な分野お客様の声
今日のワンポイントサイトマップ 法務・労務等リンク集会計・税務等リンク集お問い合わせ