起業・事業承継・事業再生・株式上場などのご相談は、吉永公認会計士・税理士事務所(大阪市)にお任せください。
ホーム事務所概要顧問サービス得意な分野 お客様の声
「今日のワンポイント」
2018/01/09
資金調達・・・金融機関の融資姿勢変化、事業性に着目

昨今、金利低下が継続する中、地域金融機関全体として利幅縮小を融資拡大でカバーできない状況であります。
今後、人口減少等により借入需要の減少が予想される中、担保・保証等に依存した単純な貸出業務の収益性は更に低下するおそれもあります。
このような状況で、借り手側事業者の事業の内容をよく理解し、そのニーズに応え、企業価値への向上に寄与し収益を確保する金融機関も存在しています。

従来、金融機関が融資判断のベースにするために、主に行っていた企業分析では、「財務面」を中心とし、決算書という事業の「結果」に基づく分析に重きをおいていました。
その原因である「事業」について踏み込んだ確認等が行われていないことが多かったです。
昨今、金融庁の金融モニタリング指針の中で、「事業性評価」ということがでています。
「金融機関は、財務データや担保、保証に必要以上に依存することなく、借り手企業の事業の内容や成長可能性などを適切に評価し(事業性評価)、融資や助言を行い、企業や産業の成長を支援していくことが求められる」
とうたわれています。

これからは、借り手の事業者側は、事業内容を金融機関に理解してもらうとともに、事業の評価を高めていく必要があります

皆様、いかがでしょうか。疑問点、具体的にどのようになるか等のご質問については、当事務所までお気軽にお問い合わせください。
ご相談させていただきます。

HOME事務所概要顧問サービス得意な分野お客様の声
今日のワンポイントサイトマップ 法務・労務等リンク集会計・税務等リンク集お問い合わせ