起業・事業承継・事業再生・株式上場などのご相談は、吉永公認会計士・税理士事務所(大阪市)にお任せください。
ホーム事務所概要顧問サービス得意な分野 お客様の声
「今日のワンポイント」
2017/07/31
長時間の日帰り出張者の支給する食事手当は所得税が課税されるか

給与所得者(会社の役員及び従業員)が、職務行うために必要な旅行を行った場合に支給する日当は、その旅行のための支出に充てるものとして通常必要と認められるものとされる食事代その他の雑費的費用の充てるために支給されるもの、一般的な日当は旅費として非課税とされます。

一般に給与所得者に対して使用者が支給する食事手当は給与所得として課税されるのが当然であり、日帰り出張者のうち、その出張時間が特に早朝から深夜に及ぶなどのため長時間となるものに対して支払われる一定額の食事手当について、これを一種の日当に該当するものとして、旅費の非課税扱いを適用することに疑問がなくはありません。

但し、この場合の食事手当は、早朝から深夜に及ぶ長時間の日帰り出張者に対して支給する「割増の日当」の性格を有するものであり、名目はともかく実質的に旅費としての日当に相当するものと考えることができます。
そうであれば、支給科目に関わらず、実態としては通常の日当と割増の日当(食事手当)との合計額が旅費として適正なものであるかを判定すればよいでしょう。

なお、荘重又は深夜に及ぶ日帰り出張者に対して、たとえば、1時間当たりの時間外勤務手当を支給するような場合には、実態として給与に該当すると考えられるので、注意しする必要があります。

皆様いかがでしょうか。疑問点、具体的にどのようになるか等の御質問については、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

HOME事務所概要顧問サービス得意な分野お客様の声
今日のワンポイントサイトマップ 法務・労務等リンク集会計・税務等リンク集お問い合わせ