起業・事業承継・事業再生・株式上場などのご相談は、吉永公認会計士・税理士事務所(大阪市)にお任せください。
ホーム事務所概要顧問サービス得意な分野 お客様の声
「今日のワンポイント」
2017/04/13
税務当局の更正処分・・白色申告は理由が明示されない

税務当局は、更正といって、税務当局側の権限で、納税者の所得を訂正することができます。
青色申告の場合、税務当局は理由を付記して、納税者にお知らせしますが、白色申告は理由付記して開示されないことが多々あります。
法令上も、理由付記することが必要とはなっていません。

白色申告者が、税務当局によって、所得が訂正され、新たに追徴課税を理由開示もなく、もとめられても、どうすることもできないということであります。
青色申告者には、理由を付記し、開示することが法令上必要とされていますので、理由開示なく、所得が訂正され、追徴課税が発生することはありません。
青色申告の所得訂正(更正所分)の際に理由開示が求められる趣旨は、
①税務当局の判断の尊重、合理性を担保し、その恣意性を抑制すること
つまり、税務当局にとって、あるいみプレッシャーとなります。
理由によっては、納税者からの意義が申し立てられる可能性あることからより、慎重になります。
②処分の理由を相手方に知らせて、不服申し立ての便宜を与えること
裏返すと、白色申告者には、不服申し立ての便宜を与えない、端的にいえば、反論の機会がないということであります。

白色申告には、青色申告と比べて、一例ですがこのような違い、リスクがありますので、青色申告にされることをお勧めします。

皆様いかがでしょうか。疑問点、具体的にどのようになるか等の御質問については、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

HOME事務所概要顧問サービス得意な分野お客様の声
今日のワンポイントサイトマップ 法務・労務等リンク集会計・税務等リンク集お問い合わせ